浮気調査の料金がはじめからわかるから安心なんです。

浮気調査不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをおすすめします。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するべきです。

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するべきです。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もまあまあ多いですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にいけません。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、料金は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気の現場をカメラにおさめても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。

探偵なら浮気調査をする場合、超小型のカメラを用意するなどして相手が知らない間に客観的な証拠を撮影してくれます。

自分でやみくもに動き回るよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵に依頼すると、ほしい浮気の証拠がつかめます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

でも、パートナー(配偶者をこう表現することもあるようです)に詰め寄っても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚を有利な条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)ですることは無理でしょう。

有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

GPS端末は、車の目に触れないところに取付して、行動を常時監視しつづけ、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して分析することもできます。

料金車より、徒歩、チャリンコ、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

これで、相手がどこにたち寄ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、料金が少なくなります。

ですので、尾行を探偵におねがいするなら、パートナー(配偶者をこう表現することもあるようです)の日常の行動を観察しておく必要があります。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてもらうと、探偵側も余計な手間がかからず、お互いのメリットとなります。

料金について成功料金制を採用している探偵事務所は、調査に成功したケースでしか料金を得られないというリスクがある為、成功料金の料金が相場より高く設定されているケースが多いみたいです。

そみたいなケースも勘案した場合、成功料金のシステムだからと言って、浮気調査にかかる料金が必ず安くなるなんてことはありません。

調査に対する実績なども確認して、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナー(配偶者をこう表現することもあるようです)の調査だと、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。

逆に、怪しい日があらかじめ分かっているなら、調査期間は1日で済向こともあります。

頻繁に掛かってきたり電話をうけていたり電話番号があるとしたらその相手が浮気相手であるという可能性はある程度ミスないと思われます。

それがわかったら電話番号の主を突き止めるだけで良いのです。

ですが、気の回るパートナー(配偶者をこう表現することもあるようです)ですと、浮気相手との電話の後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。

日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、ごまかしきれないような浮気の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が安全、安心です。

そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。